【UMPC】GPD Technology「GPD Pocket2」ASAP X-connect(マグネット充電ケーブル)が使えるか試してみた

概要


スマホやKindleやヘッドセットなどそこそこのものをマグネット充電ことASAP X-connectにしていますが、充電用にType-Cを備えるGPD Pocket2で利用できるか試してみました。

購入


今回はType-C用の「ASAP X-connect」と充電を計測できる機器「Plugable USB-C 電圧・電流チェッカー」を購入してみました。

計測方法

特に普通なんですが、バッテリー残量はだいたい60%ぐらいで負荷をかけながら試しています。
Type-Cは純正ACアダプターとケーブルを利用し、ASAP X-connectはAnkerのACアダプター(20W Dual-Port USB Power Adapter)を使っています。

純正で計測


まずは、純正ACアダプターと純正ケーブルにてどのくらいの数値で充電されているか見てみます。
数値はだいたい「14.1V/1.72A」でした。

ASAP X-connectで計測


次はマグネット充電ケーブルASAP X-connectでどのくらいの数値で充電されているか見てみます。
数値はだいたい「4.28V/1.88A」でした。
アンペア数は変わりはありませんがボルト数が全然違いますね。

実際に充電はされている?


一応はつきますが充電は出来るようです。
その一応とは

負荷が低いときだけ充電ができる。
高くなると(消費電力が高くなると)充電ができなくなる。

ということが分かりました。おそらくボルト数が低いのが起因なんでしょうね。
アイドル時の充電時間も約4時間42分(純正だと42分)とだいぶ時間がかかるようで通常利用は難しい感じですね。

結果


結論としてはマグネット充電ケーブルでは充電が利用できないということが分かりました。
残念。買った分はほかのType-Cで使おうかと思ってます。

日々くだらないことを追い求める。
あんまり役に立つことは書きませんが主にゲームや買ったものについての記事を気まぐれで書いています。
新生FF14ではTitanサーバーでWan Cathyとして遊んでます。